FC2ブログ

プロフィール

AKO1217

Author:AKO1217
大阪ミナミで活動をしているフレシキブルバンド☆彡

沖縄ティストな音楽で自然をテーマに歌っています♪゜・*:.。. .。.:*・♪


VO/AKO
RGt/NoBu
SGt/Kiyo
Bs/Kazuma
Dr/Tamari

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんちゅらさ

あんちゅらさ

2011年8月にふと思いついた、自分の思いの詰まった何かを表現したいなと、自宅近くの道を歩いていたときに出てきた歌。

マンションの谷間から見えるぼんやりした月を見ながら、ふと出てきたメロディでした。


東北大震災があり、故郷・和歌山の紀南もその昔、津波に襲われた街に住んでいた私にとっては他人事ではない心持ちになっていました。

無力が人間、無力な私。

その年に起きた災害。高知・和歌山に台風12号が来た。
知り合いの方が亡くなり、友人の家も流れてしまった。


ほんとうになにもできないのか・・・そんな思いを持ち続けていた頃。

音楽をやることで何か出来るってわけじゃないけれど、何かはできるかも。
大きなことじゃなく、何か・・・。

毎日の当たり前な風景、出来事、日常茶飯事なこと。
当たり前のありがたさを感じていくこと。

たとえ今が苦しくても、その中にも小さな当たり前の出来事がある。
苦しさだけに目を置かずに、小さく散らばる当たり前のことに気づくこと。

あの時は~~だったのに。
あの時~~すればよかった。
なんで、私は・・・・・。

苦しみに人はなかなか耐えられない。

でもそれは苦しみだけをクローズアップさせているからなのでは?

そんな時、空には月が浮かんでいた。
故郷の美しい海を思った。

美しいものは、当たり前にいつまでもそこにはないかもしれないけれど、そんな美しいもの、可愛いもの、他愛もないもの・・・・・それらを想い続けたいと思って出来た曲です。

「あんちゅらさ」
作詞・作曲 AKO
編曲 Nobu

動画~2014.5.10神戸新開地音楽祭~
↓↓
あんちゅらさ

スポンサーサイト

<< リードギターNoBu | ホーム | AKO~パンダオーケストラ~プロフィール >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。